行動パターンを分析する

「時間管理は大切」、頭では理解していてもいざ実践しようとするとなかなかうまくいかないものです。最初は何とか計画を立ててやってみるものの、それが長続きしないという人が多いようです。これは、「理想主体」「計画主体」であることが原因だとされています。俗に言う「計画倒れ」というもので、計画を立ててはみたものの、その通りに実行しようとすると長くても1週間くらいしか続かないというものです。

こうなった場合、まず計画を立てるのを一旦後回しにしましょう。そして、自分の時間の使い方を分析してみます。何の作業に何時間くらい時間を使っているかを把握するのが目的です。会社によっては「業務日誌」を記載する会社もありますが、基本的にはあのイメージでやってみるとよいです。ただ、業務日誌は「今日はこれをやった、あれをやった」という具合に「何をしたか」のみを記載するパターンが多いのに対し、ここでは加えて「どれくらい(何時間)やったか」も必要になってくるので注意が必要です。

これを日々繰り返しているうちに、自分の時間の使い方のパターンが見えてくると思います。以降はこのパターンをベースにして日々の計画を立てるようにしましょう。こうすることで、「自分のペースを踏まえたうえでの計画」を作ることができますので、「計画倒れ」になるリスクを幾分か回避することができます。自分の行動や習慣からあまりにかけ離れた計画は実行するのが難しいということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です