時間管理の基本とは

時間管理とは、簡単に言うと「時間の使い方を考えてそれに合わせて実行する」ということです。時間は誰にでも平等にあるもので、限りがあります。仕事を行う上で、怠惰にダラダラ過ごして時間を使うよりも、計画的に使う方が良いのは言うまでもありません。限られた時間を効率良く使い、業務をスムーズに終わらせる為に時間管理の概念は存在しています。

具体的な時間管理の方法ですが、「どの作業をいつまでに終わらせるか」という計画を立てることが基本となります。人は一つの体しかないので、複数の仕事を同時進行するのは難しいでしょう。例えばAという仕事を15分で終わらせると定めたら完了までに15分以上かかってしまうといけませんし、もしオーバーすればその分はどこかで帳尻を合わせないと残業することになります。逆に、早く終わった時は次の仕事に取り掛かるのも良いですし、逐一休息をとって仕事のパフォーマンスを向上させるのも一つの手です。常に、今日行う仕事の内容と業務遂行にかかる時間を意識しながら動くと、無駄な残業を避けることができます。

残業をすると会社側は残業代を払わなければならず、労働者側としては悪くない話ですが、いつも残業しているようでは会社からの評価が上がりません。当然、怠惰に仕事をして残業が発生し、残業代を手に入れようという考えは労働者として好ましくありません。しっかりと時間管理を行い、業務をスムーズに終わらせて自身の評価が上がればそれに応じて給料も上がるので、結果的に多くのお金を手にすることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です