仕事は段取りで決まる

時間管理とは、過ぎ去る時間を効率良く使う為の自己管理の事です。時間は人では好きなように進める事も、戻す事もできません。それならば時間に振り回されず、思い通りに使いこなせるように管理するしかありません。

時間に惑わされない人間になる為には、まず今自分が感じている忙しさが本物か考えてみましょう。本当に必要な事だけをやっているのか、無駄な時間、やらなくてもいい作業をしていないか書き出してみるのです。自分が収めたい時間内にどうやって当てはめていくのか、目的のゴールを作り最終地点に到着するまでの順番や流れを決めましょう。「仕事は段取りが8割」という言葉があるように、臨機応変に対応することも大事ですが、事前準備ができていることによって柔軟に対応できる余裕を作ることができます。

時間がないと嘆く日々を少しでも減らす事ができれば、今まで感じていた過ぎ去る時間への焦りもなくなっていくでしょう。時間管理をしていくと同時に自己管理もできるようになると、時間を有効活用できる日々が増えていくはずです。一度行動の記録を取ってみると、省ける部分がある事に気付くかもしれません。「行動から無駄を知り、取捨選択ができるようになる」、これが時間管理をスムーズに続けていく秘訣と言えるでしょう。限られた時間が有り余る時間となり、自分を追い立てる存在から有意義な毎日を生み出す時間に変貌させる事ができれば、時間がないというイライラから解放されていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です